ブリムストーンのスモーク設置場所ガイド|ヘイブン編

以下、RUNITBACK.GG(英語)よりポイントのみ紹介。

ヘイヴンの特徴

ヘイヴンは、3つのボムサイトを持つというヴァロラントならではの特徴を持ったユニークなマップである。つまり、アタック側はスパイク設置の複数の選択肢を持つことができる。中央のボムサイト(Bサイト)は最もアクセスしやすいが、多くの場合、維持することが最も困難である。

Bサイトを効果的にリテイクし、アタック側の視界を遮断することで、リテイクしたディフェンス側がスパイクを解除することができるアビリティが多数存在する。

Bサイトへのスパイク設置は、アタック側がウルトを持っている場合に成功する可能性が高く、特にソーヴァやブリムストーンのウルトがある場合は上手くいく可能性が高まる。

他の2つのボムサイトは、それぞれ2つのチョークポイントを介してアクセス可能であり、アタック側が複数の位置からこれらのボムサイトを攻撃することが多いことを意味している。

ブリムストーンのヘイヴンスモークガイド:アタック側

Aサイト侵攻時

これらのスモークは、Aサイトにスパイク設置するために使用することが可能だ。そのためにはAショートとAロングのエリアをコントロールする必要がある。2つのスモークを使用して、3つ目のスモークは、ラウンドの最初にAロングをコントロールしたり、中央を制圧すると見せかけるために使うことができる。

下図の2つのスモークは、Aショートから来たプレイヤーがボムサイトへの明確な通路を確保でき、スパイクを設置できるようになる。Aロングから来たプレイヤーは、サイトボックスの右側で楽にポジションをキープすることができる。

© Riot Games. All Rights Reserved.

Bサイトのスモーク

これらのスモークはBサイトに素早くスパイクを仕掛けることができ、レイナやブリーチ、フェニックスのフラッシュとの組み合わせで非常に効果的に使うことができる。Bサイトのフロントをコントロールするのはそれほど難しくないが、スパイク設置後をプレイしてラウンドを勝ち抜くのは難しいだろう。Bサイトプラントに挑戦する際には、アルティメットアビリティが非常に有効になる。

これらのスモークをセットアップするためには、最初のスモークをB入り口で使用する必要があるかも知れない。これによりチームは中央をコントロールしてボムサイトに近づくことができる。

© Riot Games. All Rights Reserved.

Cサイト侵攻時

この3つのスモークでガレージエリアを制圧し、2つのエリアからCサイトを攻撃することができる。狭いチョークポイントを通ることになるので、相手のアビリティをおびき出すチャンスがあった時に、このようなプッシュをラウンドの後半に行うのがベストだろう。

ブリムストーンのインセンディアリーをCサイトの左奥に使うのも効果的。ここはディフェンス側がよく使うポジションだからだ。また、その位置からCロングに向かってピークすることができるので、ボムサイトに入っていく際にはその部分を重点的に使うといいだろう。

© Riot Games. All Rights Reserved.

ブリムストーンのヘイヴンスモークガイド:ディフェンス側

Aショートへのスモーク

自分用にも、他のプレイヤーを支援するときにも、ラウンドの最初に使うとかなり便利なスモークがこれ。Aショートの隅にあるボックスに飛び乗ると、スモークの上の方を見ることができる。これにより、早めに敵をピックしたり、Aに向かってくる相手プレイヤーの情報を得ることができる。

このスモークを展開した後は、より深い位置でスモークして視界制御を持続させるか、ボムサイトに一旦戻ってラウンドの後半に小さなチョークポイントをスモークするかを選択することができる。

© Riot Games. All Rights Reserved.

中央の制圧

これらのスモークはディフェンス側がアグレッシブにプレイすることを可能にする。中央のコントロールを可能にし、相手を混乱させるだけでなく、相手のポジショニングの情報を素早く得ることができる。Bサイト周辺を担当するプレイヤーは、スモーク展開時に担当ポジションから前に出て、中央エリアのコントロールを狙うことができる。そうすることで、さらに有利なポジションを取るか、フラグ取得後に退却して安全な位置からプレイすることができる。

© Riot Games. All Rights Reserved.

Cサイトのスモーク

これらのスモークは、敵の侵入を防ぐために小さなチョークポイントを塞ぐだけの非常にシンプルなものだ。CロングかCショートのどちらかひとつだけを選び、どちらかをずっとスモークすることに集中した方が良いかもしれない。これは、両方のチョークポイントを14秒間塞ぎ、ラウンドの残りの時間に1つだけ塞ぐのに比べれば、より良いアプローチであることが多い。また、別のラウンドでスモークを炊く位置を交互にすることで、敵にこちらの意図を読みにくくさせることができる。

© Riot Games. All Rights Reserved.

おすすめ関連記事

ブリムストーンのスモーク設置場所ガイド|アセント編
アセントでのブリムストーンの効果的なスモーク設置場所を理由とともに画像つきで紹介。
ブリムストーンのスモーク設置場所ガイド|バインド編
バインドでのブリムストーンの効果的なスモーク設置場所を理由とともに画像つきで紹介。
ブリムストーンのスモーク設置場所ガイド|スプリット編
スプリットでのブリムストーンの効果的なスモーク設置場所を理由とともに画像つきで紹介。

コメント

//zuphaims.com/afu.php?zoneid=3568993
タイトルとURLをコピーしました