チェンバーのナーフに対する海外の反応

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OP

チェンバーの変更
パッチ5.12では、上記の問題に対応するための様々な変更を行います。このアップデートは、「高精度を誇り、リスクを取ってエリアを制圧するセンチネル」というチェンバーのアイデンティティーに磨きをかけながら、彼の勢力範囲を明確に狭めて対戦相手の反撃の機会を増やすことを目的としています。

ヘッドハンター(Q)

安定性曲線の調整
連射時、2発目以降の拡散率が増加。低精度のボディーショット連射が効果的な戦術として成立しなくなることを意図しています。

ランデヴー(E)

アンカーの数が1つに変更。範囲内にいれば設置したアンカーへテレポートできる。
半径拡大:15m >>> 26m
テレポート発動の高さ制限を撤廃
アンカーの範囲内にいれば高さに関わらずテレポート可能
テレポート後の武器装備時間延長:0.4秒 >>> 0.7秒
この変更によるヘッドハンターへの影響はありません
「ランデヴー」のテレポートアンカーが破壊された場合、従来はクールダウン後に再設置できましたが、今後はそのラウンド中は使用できなくなります。
テレポート後にアンカーを回収した際の追加クールダウンがなくなります。

トレードマーク (C)

トラップが範囲制限されるように
トレードマークはチェンバーが範囲外に出ると無効になり、範囲内に入ると再起動
ラウンド途中に回収可能に
可視範囲外でも使用可
回収後30秒間のクールダウン
破壊後は再使用不可
設置時間増加:2秒 >> 4秒
HP増加:1 >> 20

ツール・ド・フォース(X)

発射速度が57.5%増加


Breach
ミームじゃないかどうか二度見した。

 

>>Breach
Agent1
俺もチェンバーをサイファーにナーフするミームかと思った。

 

Omen
チェンバーは堅実なピックになるだろう。まだランデブーはファイトで強いし、リコールのクールダウンゼロは、より自由に動き回ることができることを意味する。

 

>>Omen
Chamber
俺はチェンバーメインだが、このナーフが少々痛くてもセンチネルの役割を果たすプレイヤーを褒めることになると思う。確かにランデブーの即ローテーションができなくなるのはキツイが、ナーフされたらされたで回避する方法を見つけるさ。

 

>>Chamber
Omen
チェンバーは俺が最近最もプレイしたエージェントだが、ナーフされたところで俺はプレイする。このナーフでようやくチェンバーは落ち着くだろう。今までは強すぎただけだ。

 

>>Chamber
Agent2
銃撃戦から即座にテレポートできる限り、チェンバーはトップティアのエージェントだ。
ジェットは少なくともダッシュを準備しなくちゃいけないんだから。

 

Brimstone
これでサイファーが帰ってくるな。

 

Agent3
これでチェンバーはピックされなくなり、ヘッドハンターを使わなくなったので、みんなシェリフのスキンを買うようになる。

 

Agent4
俺はKAY/Oをメインにすることにする。

 

Brimstone
正直、これがやりすぎだとは思わないよ。
アストラの激ナーフを思い出すが、アストラはまだメタでプレイされている。
チェンバーはこれまでのような圧倒的な力はなくなるが、まだマップによって必須になるだろう。

 

>>Brimstone
Omen
同意だ。みんな過剰反応している。
これまでのチェンバーはどのマップでも強かったし、コンペティティブやプロシーンでとんでもないピック率だった。これまでの小さなナーフはチェンバーのピック率に何の影響も与えなかった。
チェンバーがあるマップで強く、あるマップで弱いなら、それは健全なことだ。

 

Chamber
ヘッドハンターはまだシェリフを買うよりも有効なのだろうか?
スプレッドが大きくなるなら、ほとんどの場面でシェリフのほうが良いと思う。

これでチェンバーが低レートで圧倒的な力を発揮することは無くなるだろうな。

 

>>Chamber
Agent5
そもそもヘッドハンターはメインで連射する武器じゃなく、いわばプランBだ。オペレーターを外した場合にヘッドハンターに切り替えるなどだ。そもそも最初からヘッドハンターを使うべきじゃない。

 

>>Chamber
Agent6
これを誤解している人が多すぎる。
安定性曲線が短くなった=リコイルリセット時間が長くなった≠命中率が下がった。
敵を安定してワンタップする必要が出てきたというだけだ。

 

参照元: Chamber nerfs in 5.12

 

おすすめ関連記事

今回のVCTの後、果たしてチェンバーのナーフは来るのか?
OP VCT - Stage 2 - Masters Copenhagenの現在の結果を見ると、チェンバーのピック率がとてつもなく高く、現在全体のピック率は71.74%となっている。次に人気...

コメント

タイトルとURLをコピーしました