オーメンのワンウェイスモーク必須ガイド|アセント編(ディフェンス側)

© Riot Games. All Rights Reserved.

以下は、RUNITBACK.GGより、重要なポイントを紹介。

オーメンは、コントローラーに分類されるエージェントだ。ダークカバーというスモークで、敵のプッシュをコントロールすることが可能。また、スモークを無理に通過しようとした敵を倒すこともできる。さらに、オーメンは攻撃要員としても優れており、デュエリストとしても多く使用されている。オーメンのフラッシュであるパラノイアと、テレポートであるシュラウド・ステップの組み合わせは、まさにオーメンを神出鬼没のエージェント足らしめている。もちろん、オーメンを正しく使いこなせればの話だ。

オーメンのダークカバーには、もう一つの有用な用途がある。ヴァロラントでは、ブリムストーンとオーメンが主なスモーク要員だが、オーメンが有利な点はワンウェイスモークを簡単に設置できることだ。

ワンウェイスモークとは、こちらは敵を視認できるが、敵はこちらを視認できないポイントを持つスモーク設置の仕方。

このガイドでは、アセントでのディフェンス側における、オーメンの必須ワンウェイスモークを紹介する。もちろん、オーメンのワンウェイスモークはこれだけではない。しかし、最低でもここで紹介したスモークは使いこなせるようになったほうがよい。

Aメイン

恐らくオーメンの最も有用なワンウェイスモークだろう。セットアップはかなり簡単。不注意な敵がピークしてきた場合とても効果的だ。理想的にはAラフターから監視したいスモーク。ジェネレーターから別のプレイヤーが同じスポットを監視するというセットアップも可能だ。もちろん、一人でジェネレーターから監視してもよい。

このスモークを設置するためには、Aラフターに乗って操作パネルのようなものの下を狙い、アーチの右側の壁の真ん中に緑色の矢印を合わせて投げるようにする。

Bメイン

これもアセントでの主要なスモークだ。これはアングルをキープできていれば、不用意な敵とのトレードで有利になるので、特にBラッシュには完璧なスモークとなる。中央マーケットに繋がるエリアに立っているときは、できるだけ右側に立つようにしたほうがよい。そうすれば、敵がこちらを見つける場合、右に大きく振らなければならないからだ。また、階段に隠れてアングルをキープすることも可能だ。

このスモークを設置するためには、段差の上に立ち、右側から扉のフレームに近づいてBメインの出入り口の右端を向く。スモークを投げたら、ポジションを取ろう。

中央コートヤード

中央コートヤードを担当することになったら、このワンウェイスモークが役立つかも知れない。このダークカバーは、味方のサポートを受けながら設置するべきだ。敵が継続的に中央をプッシュしているなら、このスモークで対抗するのがよい。

中央ピザの左側の壁から設置するとレッジを完全に視認することができる。設置にはリスクが伴うので、前述したように、味方のサポートを受けながら設置したほうがよい。キャットウォーク側にポジションを取ったプレイヤーに、中央リンクからピークしている敵がいないかどうか確認してもらうとベストだろう。そうすれば安全にスモークを展開できる。

コメント

//soaheeme.net/4/3568993
タイトルとURLをコピーしました