俺はこうやってゴールドからイモータルに上がった

First imm2 rankup straight to imm3 rankup

OP
俺がプレイヤーとして成長し、連勝を重ねることができた最大の要因を簡単にリストアップしてみようと思う。俺は最初ブロンズスタートで、そのアクトでゴールド1まで登りつめた。その後、G2、P3、に登り、アクト4はダイヤモンド1でハードスタックした。その後、アセンダント1からイモータル1なった。最近では、ソロキューでイモータル1から3まで、一度も負けることなく登ることができた。

免責事項:これはあくまで俺自身の経験に基づくものだ。万人に通用するとは限らない。

1. 暴言を吐いたり味方に八つ当たりしたりしないこと

これが最も重要だ。俺が8連勝した時は、必ずロビーで「宜しくお願いします!」と元気よく挨拶していた。もし味方の誰かがちょっとでも迷惑なことを言い始めたら、即ミュートした。そのトキシックなやつに言い返すこともせず、他の味方と同様に接した。

2. 味方を褒めて良い雰囲気をつくること

チームがピストルラウンドに勝ったときは、みんなを褒めよう。負けたときは、「ナイストライ!心配するな、俺たちならやれる」みたいなことを言おう。トキシックだったり、簡単にラウンドを諦めてしまう人たちにも、褒め言葉をかけていた。ミュートしてもいいが、自分のデュオパートナーのように扱い、大いに褒める。ミュート⇒レポート⇒忘れる。これが大事だ。

3. チャットをすべてオフにすること

マジで集中力と精神力が削がれるだけだ。チャットに価値はないよ。

4. エージェントをしっかり選ぶこと

これは人によって違うだろう。俺の場合、スモーカーだ。ジェットやセージ、レイナやヴァイパーなど、多くのエージェントをプレイしてきた。でも、とうとう自分に合っているエージェントはブリムストーンだと分かったんだ。

俺のエイムは最高クラスではないが、IGLプレイでゲームを完全にコントロールすることができる。最近、エージェントごとの勝率を見て納得がいった。ブリム69%、アストラ58%、ジェット40%だった。

また、ラインナップを覚えることも重要だ。

5. ジャンプピークを完全にできるようになること

これはもっと上位にあるべきかもしれない。とにかく、ジャンプピークを習得することだ。ジャンプピークはユーティリティが無いときにも情報を取得できる基本中の基本テクニックなんだ。

6. 目的を持ってエイムすること

これは俺のエイムとクロスヘアプレイスメントに大きな影響を与えた考えだ。具体的なものは無いけれど、頭の中でスイッチが入ったような感じで、実際に自分が狙った場所に集中することができるようになった。マウスを動かす時、「A地点からB地点に動かそう」という目的を意識するようになったんだ。時間が経つに連れて、より良く自然になっていった。説明するのは難しいのだが、俺にとって非常に強力だった。

7. 練習ルーティンを持つこと

練習は退屈かもしれないが、俺にとってはワクワクするものだ。俺の練習ルーティンは以下だ。

  • Aimlab MultiLineTrace(5-10分)
  • Aimlab Microadjustments by Pastha (5分)
  • Aimlab SixShot(数回)
  • Vandalだけのデスマッチ(2-4回)

ちなみに、デスマッチで勝つことを目標にするのはやめよう。
39キルまで行ったら、他の人に勝たせるか退場しよう。
あくまで上達のためにやっているわけで、価値のないドーパミン放出を感じるためにやっているわけではない。

8. 2~3発(できれば2発)のバーストストレイフができるようになること

2~3発の弾丸を発射してレンジ内でゆっくりスタート、約0.5~1m左に移動して再度撃つ、移動してまた撃つ……これの繰り返しだ。動きが僅かすぎるとマイクロアジャストされるので注意だ。反動がリセットされるまでの時間で、最長の飛距離を得ることが目的だ。

3発の弾丸は少し揺れるし、反動がリセットされるのに時間がかかるので、3発より2発の方がいい。近・中距離戦ではしゃがまずに連射を開始する。クロスヘアが相手に合ったらしゃがみ撃ちに移行する。中・遠距離戦では2発のバーストか1発のカウンターストレイフに徹する。

 

参照元: How I went from Gold to Immortal 3

 

おすすめ関連記事

エイム力が着実に向上するミヤギメソッド
エイム力が着実に向上するプラクティスルーティン、ミヤギメソッドを紹介。
完璧なクロスヘアプレイスメントの方法をやりすぎなほど詳細に解説したワンタップガイド動画
論理的かつ体系的に正しいクロスヘアプレイスメントを解説している動画。

コメント

タイトルとURLをコピーしました